2015年10月6日

ひとり暮らしのワンルームで自宅サロンは可能か?


(この場合の「ひとり暮らし」は、犬や猫などの同居家族もないことが前提ですよ)

講座では、起業相談なんかも四方山話として出てきます。

ワンルーム暮らしの方がサロンを開くのをためらうのは「そんなスペースがない」から。

しかし、私からしてみれば、本当にそうだろうか?と思ったりします。

というのも、きらりのサロンもワンルームですが、ボディワークのカキラレッスンのときは、施術ベッドも椅子もテーブルもすべて押し入れに収納して、何もない引っ越し前のようなフロアになります。

だから、そこそこの押し入れさえあれば、布団も含めて私物はすべて収納できるんじゃないのか?そう思うわけです。(ロフトがあればなお快適)

ちょっとオバサン、
半間の押し入れに全部収まるほど荷物少なくないのよっ。

あ、すみません。そうですよね。まず荷物を減らすことから考えねば・・・

近年、「整理収納術」を超えて「断捨離」がブームです。

断捨離って本当に難しいですよね。捨てるのは、ものすごい勇気がいるから。
処分するのが難しいというより、必要か否かを判断をするのが難しい。
自分の心を見つめて、自分を変えるのが難しいのです。

そんな「断捨離」を超えた向こう側には、「ミニマリズム」が見えてきます。

ミニマリズムとは、もともと芸術分野の用語で、装飾的要素を最小限に切り詰めた簡素な形式を指すらしいですが、これをライフスタイルとして実践している人々をミニマリスト(最小限主義者)と言うそうです。

彼らは、必要のないものを捨て、楽しめる時間や空間、心の余裕など大事にするライフスタイルをモットーとしており、室内には必要最小限のものしか置かない。いわゆる「モノを持たない暮らし」を実践している人々です。

こういうライフスタイル、考え方を知ると、あれも要るこれも要るという考え方は、本当に当たり前なんだろうかと疑問さえ湧きあがってきます。確かに、鍋はこんなにいくつもいらんよね? コートがなんでこんなに何枚もあるの? この靴いつ履いた????

本気でサロンを開こうとお思いの方は、「部屋がない」「スペースがない」という理由(いいわけ)は、何を正当化しようとしているのか、何を守ろうとしているのか、ちょっと掘り下げて考えてみる必要があるかもですよ。そしてそれが自分にとって真に正当であり必要なら、きっぱりあきらめがつくというものです。











...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................