2018年9月24日

絶賛工事中

先週からついに工事がはじまりました。





ご覧のとおり、ペンキ塗りの工事です。
まだ、下塗り段階ですが、周囲を塗りこめると、けっこうな臭いが蓄積されてまいりました。

そんななか、今週もがっつりご予約入っておりますが、万が一、ペンキ臭にアレルギーがおありの方は、遠慮なく、キャンセル・延期をお知らせください。窓も開けられないので、きついかもです。

sakurako

2018年9月15日

「占い」とは

更新がとどこおっております。
いきなり、レイキ屋からタロット屋に看板変えしたので、どんな記事を書いていいのやら、とまどっております。汗汗
とりあえず、占いの基本など、書いてみたいと思います。

占いは、大別すると命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)の三種類に分かれます。

命(めい)は、生まれた時間や場所から、宿命や運命、運気を読むもの。
 (四柱推命・占星術・紫微斗数など)

卜(ぼく)は、ある特定のテーマについて、特定の道具類を使って運気や良し悪しを判断するもの。 (易、タロット、ペンジュラムなど)

相(そう)は、目に見える状況を運命の反映と捉え、そこから運気や吉凶を読むもの。
 (姓名判断、手相、風水など)

タロットは「卜(ぼく)」にカテゴライズされます。

「卜」の占いは、古代中国の亀甲占いが発祥で、占いの最も原初的な形と言われています。
「命」のようにデータなど使わず、「相」のように現物(現状)さえ必要はなく、手持ちのもので占って顕れた現象と運気とのシンクロニシティを読みとく手法です。
一番、あてにならない方法のようですが、経験的に、人類は、当たることを知っています。

なぜなのか、という話はまたの機会にして、ここでは、タロットに限らず、私たちが占いを必要とするときって一体どんな時なのだろう?ということを考えてみたいと思います。

ちょっと下の図を見てください。

私が作図したものですが、中央にゼロ地点、そしてマイナスとプラスに伸びる左右の線があります。マイナス・プラスというのは、まあ、人のエネルギー状態、もしくは心理状態を表わすと考えてください。マイナスからプラスに向かうほど、エネルギーが高まるということを表わしています。本当は、ゼロ地点に垂直軸を1本立てたほうがもっと詳しく色んな状態を表わせるんですが、ややこしくなるので、この直線図で説明します。

私たちが占いを利用しようと思うときって、どんなときでしょう。

ひとつは、悩みがあるときです。
この図でいうと、マイナスエリアに自分がいるときです。マイナスを解消して、できるだけゼロ(悩みなき状態)に近づくにはどうしたらいいか、それが知りたい。

もうひとつは、快調にやってるけど、もっともっとイケるはず、それにはどうしたらいいか?と思うときです。プラスエリアにいるときですね。プラスな状態をさらに伸ばしていく方法を模索しているときです。

大きな悩みも野望もないけれど、ちょっと占ってもらいたい、未知の自分を知りたいと思うゼロポイント付近の方々もいらっしゃるでしょう。

つまり、占いというのは、必ずしも、マイナスな状態のときだけに利用するものではないということです。占う者が、ここを間違うと、重箱の隅をつつくように相談者のマイナス部分ばかりに注目して、ご大層な助言を並べ立ててしまいます。それを聞いた相談者は、ありがたがるよりもむしろ暗~い気持ちになって帰るという、本末転倒な結果を招いてしまいます。

長くなるので、とりあえず、今日はここまでね。

sakurako

2018年9月6日

レイキ屋からタロット屋へ

ご無沙汰しておりました。久しぶりに更新いたします。

サイトを見ていただくとお分かりのように、きらりはタロット屋さんに変わりました(笑)。
新サロンでは、タロットスクールを中心にやっていこうと思います。

レイキは裏メニューとして残しましたが、うんと淘汰して、ウスイレイキとライタリアンレイキのみ受付可能です。ウスイレイキのエネルギーは、そのままライタリアンレイキで伸張できるので、ぐっとシンプルに2本立てにしました。

カルナとセイキムは、メニューからおろしました。
セイキムレイキは、好きな人にはたまらないエネルギーで、持っていると本当に使えるレイキなのですが、あまりにマニアックなせいか、希望者が少なすぎます。
いっぽう、カルナレイキは、とってもメジャーなレイキですから、逆に、うちでやらなくてもいいかなと。

カルナレイキを途中まで受講なさってる生徒さんには、別途、メールで今後のことをご連絡いたします。ちゃんと最後までサポートしますので、どうぞご安心くださいね。


思い返せば、去年の年末は、タロットが裏メニュー化していました。
今年は逆です。

オセロみたいやね、と言った方もいますが、まさにそうなんでしょう。
人の気持ちはその時々で変わります。
一度決めたら何が何でも続けなきゃいけない、石の上にも3年!とか言ってる場合じゃない時代ですから、白を黒にぱぱっと変えてもいいんじゃないかと思い、自分の気持ちに正直に行動することにしました。自分の仕事ですもんね。まずは自分が納得いくやり方でやらないと。そんなワケで、タロット屋さんに変身しました。

どっちが裏でも表でも、利用する側には大差ないかもしれませんが、まあ、私の気持ちの問題ですかね。それと、検索にひっかかるワードが変わることで、タロットにもっと興味を持ってもらえたらいいなと思っています。

レイキも一生つかえるツールですが、タロットも一生つかえます。
しかも、占星術や数秘術などと違って、データも何も要りませんから、カードさえあれば楽しめます。

移り変わるその時々の心模様を映し出す鏡のようなカードたち。
思いがけないメッセージにどきりとしたり、目からうろこが落ちたり、楽しみ方は無限大です。宇宙を78枚のカードに凝縮して見せてくれますから、頭の整理にも役立ちます。右脳と左脳を同時に使うので、ボケ防止にも役立ちます(笑)。カードをうまくシャッフル・カットするために指先のコントロールも必要ですから、末梢神経のトレーニングにもいいですよ。プロを目指すもよし、アマチュアリズムに徹するもよし。

タロットを読むのは難しいと敬遠されがちですが、難しいからこそ、深みがあると言えます。飽きることがありません。そして、うちの講座を受けた生徒さんは皆さん、よく分かる!頭にす~っと入ってくる!とおっしゃってくれます。レイキの講座も好評ですが、タロットの講座もそんなわけで大好評です。

最後に、自宅の工事の時期が決まりました。
9月20日から10月10日までです。ずいぶん遅くなりました。
ご予約は、10月以降でお願いできればと思います。


 
sakurako