2015年6月23日

キーワードはディープヒーリング


たまにはペースダウンして、自分自身にご褒美をあげましょう。

自分目線では気づかなかった乱れに、気づかせてもらえることがあります。
たとえば・・・

いつも目にはめているコンタクトは、馴染みすぎているだけに外してケアすることも忘れ果て、いつしか視界を曇らせる濁ったレンズになっているかもしれません。そのレンズが落ちたときはじめて、もはやそれがコンタクトではなく、ただの魚のウロコになっていることに愕然とします。















愛用のお気に入りの帽子は、使い続けてほこりが積もり、思いのほか重くなっているかもしれません。その帽子が落ちたときはじめて、これは自分の頭を守ってくれるものではなく、ただの頭痛のタネだったと気づきます。















大切なものをたくさん詰め込んだ荷物は、気づけば詰め込みすぎて、背中に背負いきれないほどになっているかもしれません。「大切なもの」に押しつぶされるか、自分自身が「大切なもの」になるか、荷物と自分を天秤にかけてみるのも一興です。















適切なケアはいつも必要ですが、とりわけ、この夏至から満月に至る特別な時期は、ベストタイミングだと思いますよ。
















...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................