2017年1月16日

伝授はすわって受けるとは限らない

レイキなどのエネルギーワークの伝授(アチューンメント)は、たいてい座位でおこないますが、そうでないケースもあります。

いえいえ、まさか逆立ちして受けるわけじゃありませんよ。いくらなんでもそれはね。(^^ゞ

上体を起こさなくていいなら、限りなく水平に近い寝椅子に横たわるのもいいでしょうし、施術ベッドにさくっと寝てしまうのも手っ取り早くて快適です。

きらりでは、ライタリアン研究所系の伝授は、すべて横臥で受けていただいております。

というのも、自分が受けたとき座位で受けたのですが、これは座って受けるのはきついなあと感じたので、うちではぜったい寝てもらおうと決めたからです。

生徒さんの評判は上々で、皆さん、肉体の重みを忘れ、筋肉を解放し、重力からも解放されて、アチューンメントに集中できていらっしゃるようです。

その他にも、セイキムレイキでは、座位はもちろん、横臥の姿勢でもアチューンメントを受けられます。座位と横臥では、微妙に異なる感覚を得られると思いますから、どちらも体験できるよう工夫しております。

横になって受ける伝授は、一見、ヒーリングと同じように見えますが、やはり施術とは違う、伝授特有の感覚や出来事が起こります。

なにが起こっても「あるがまま、そのまま」素直に受けとり、受けいれることが肝要です。他人と比べない。思い込みにとらわれない。焦らない。無理しない。我慢しない。

あ、なんだか人生訓みたいですね。

天使の羽は鳥の羽とは違うんでしょうか??


..................................................

きらり メニュー・アクセス・お問い合わせ
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html

きらり別館桜子日記  http://inoxsakurako.hatenablog.jp/
...................................................

人気ブログランキングへ