2015年2月10日

レイキのシンボル


部外者にとっては、レイキの「シンボル」というのは、本当にワケわからないと思います。
私自身がそうでした。

シンボルシンボルって、なによそれ!? てなもんです。

ウスイレイキでは、中級(セカンド)レベルで、3つのシンボルを学びます。上級(サード)では、マスターシンボルといわれるシンボルを学びます。ウスイレイキでは、この4つのシンボルを使ってヒーリングをおこなっていきます。

発展型レイキといわれる海外のレイキ(カルナやセイキムなど)では、さらに多くのシンボルを学びます。また、海外では、自分専用のシンボルを作って、それを使っているヒーラーも多くいるようです。

ヒーラーがヒーリングをおこなうときは、シンボルを活性化してヒーリングをおこなうのですが、どうしてシンボルを活性化すると特定のエネルギーが流れるのか、使っているヒーラー自身にもよく分りません。本当に不思議なことです。

一説によると、シンボルは宇宙の根源とつながるためのもので、ヒーラーは、根源とつながったシンボルと共振共鳴することによってエネルギーを流すことができる、といわれています。(さらにワケわからん?)

シンボルの面白さに目覚めたヒーラーは、さらに強いシンボルを求めて、様々なレイキを渡り歩くかもしれません。これは終わりなき旅でもあります。(浪漫ですなあ・・・)

これと対極にある道は、学んだシンボルを究めていくという態度です。使い続けることで、様々な局面で新たな気づきを生み、エネルギーの深まりが加速します。はじめて伝授してもらったときとは比べものにならないくらい、格段に深化したエネルギーに進化変容することもあります。

いずれにせよ、日本ではシンボルは非公開とされていますので、部外者に話すとき、隔靴掻痒の感は否めませんが、それだけに、伝授のときの感激はまたひとしおです。













...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................