2014年4月15日

ガーデニングとレイキ ~人の心と響き合う自然~


福岡ではソメイヨシノもすっかり新緑にかわり、いよいよ春本番となりました。
ダウンの出番も終了でしょうか。

さて、レイキは、人間だけでなく、生物や無機物にも効果的と言われています。
ペットや植物に効果抜群というのは、よく知られていますよね。

我が家にはペットはいないのですが、じつは私は庭いじりが好きで、自宅の猫の額ほどの庭の手入れを時々します。(時々ね)

レイキを学ぶ前は、本当にひどい庭でした。
ずっと昔は、それなりに「園芸」好きで、チューリップなんかも植えたりしてたんですが、そのうちやらなくなって、一面ドクダミだらけ。ご存じのように、ドクダミは取っても取っても、すぐ生えてきます。その他の雑草の繁殖力もハンパなくて、もうホントに、どうにもこうにもな庭になり果てていました。なので、数か月に1度、仕方なくやる草取りが一番の心の重荷、最も嫌いな家事でした。

それが、レイキを学び始めてからでしょうか、庭で土をいじるのが好きになったのです。それも、チューリップを植えるとかの作為的な庭作りではなく、大地のエネルギーを尊重するような「あるがままなすがまま」のエコな庭作り。雑草ももう取りません(笑)。

もちろん、生えてきて困るところの草は取ります。
除草するときには「ここはダメよ」と、語りかけながら取るようにしました。1度では聞きませんから、また生えてきたときに、また言い聞かせます。これでほぼ大丈夫。

そして、土いじりしながら、今まで目もくれなかった雑草達にも目配りするようになりました。レイキのシンボルをかけてヒーリングするなどという作為的なことは、もちろんしませんが、人のココロはしっかり通じるんですよね。

そんなこんなな作業をしていると、今まで一度も見たことのないような花が、季節ごとに咲いてきます。植えた記憶がないので雑草なんでしょうが、「どうでもいい草」という意味の雑草では、もはやありません。

どこかから種が飛んできて、居心地がいいから咲いてみました、な花たち。
あるいは、今まで咲こう咲こうとしたけど、そのたびに根こそぎ除草されていた名もない花たち。(いや私が名前を知らないだけ??)

そんな雑草花畑のような庭に、すっかり変容しちゃった我が家の庭。
これもレイキのおかげかしら・・・と、有難さに泣けてきます。


 
 



物干し竿の下に群生する
カタバミ

これは何でしょう?
もうすぐ咲きます















古い火鉢と石臼を積み上げた水鉢の周りに群生する白い花達

「地上の星」と命名しました。(*^_^*)









本当に星のような花びらです

















5月か6月には突如としてこの花が開花します。結構でかいのに、なんの前触れもなく一夜でぶわっと開花するので、ホントにびっくりします。















...................................................
きらり メニュー
http://inoxsakurako.blogspot.jp/p/blog-page_628.html
...................................................